Windows 10(アップグレード版)のクリーンインストールと Boot Camp 6 を試す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前提

  • Boot Camp領域にWindows 8 ProからアップグレードしたWindows 10がインストール。その後にデジタル ライセンスを Microsoft アカウントに紐付け済み<_/li>

目的

  • Windows 10 対応版のBoot Camp 6 の導入
  • Windows 10(アップグレード版)のクリーンインストール

手順(Mac側)

  1. macOS のシステムアップデートの実施
  2. Windows 10 ISOイメージをダウンロード → こちら
    「Windows 10 Fall Creators Update」「Windows 10」「日本語」「64-bitのダウンロード」を選択する
  3. Boot Camp アシスタント(Ver.6.1.0)でインストール用のUSBドライブ作成する
    新しいモデルの Mac を利用している場合は、USBドライブの作成は不要
  4. Boot Camp アシスタント(Ver.6.1.0)を起動して、Windows 10をインストールする

手順(Windows側)

  1. 「Option」キーを押しながら起動し、Boot Camp アシスタントで作ったUSBドライブでブートする
    IMG_2511
  2. 途中でプロダクトキーの入力を求められるが、「スキップ」を選択する
    IMG_2514
  3. 「Pro」か「Home」どちらにするか聞かれるので、アップグレード前のエディションを選択する
    IMG_2515
  4. Boot Camp用のパーティションのフォーマットを行い、選択する
    IMG_2516
  5. インストールが実行される
    IMG_2517
  6. 再起動後にまたプロダクトキーの入力を求められるので、「後で」を選択する
    IMG_2518
  7. 一度もプロダクトキーを入力していないが、認証は通っている状態となる
    windows

まとめ

一度アップグレードした機体なら、ISOイメージからのクリーンインストールも可能です。Windows 10 に正式対応した Boot Camp 6 もリリースされましたので、Windows 7や、Windows 8のインストールメディアをお持ちの方は試してみては?

私は、ISOイメージが更新されるたびに、再インストールしています。すっきりしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。