電力自由化で乗り換える!auでんきに申し込み(スマートメーター導入編)

audenki
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

au(KDDI)で家族の携帯電話、インターネット(電話)を統一していて、さらにau Walletも発行済と言うことで、ほぼ迷いなく「auでんき」に決定。1月24日にインターネットにて申し込みました。

電力会社の切り替えは、電話番号や、メールアドレスの変更などが伴わないため、プロバイダーや、携帯電話会社の切り替えよりは精神的負担も少ない。とりあえず1年(auでんきのご利用開始日(料金の適用開始日)から起算して1年未満に解約する場合は、解約違約金 (2,000円)が発生)は「auでんき」に預けてみることにしました。

スマートメーター導入

本日(2/21)、スマートメーターへの変更が実施されました。ブレーカーを落とした後に、作業開始。時間はおおよそ20分程度でしょうか。なんかスマートメーターあんまりスマートっぽくないけども。

変更前
P2210009-crop

変更後(スマートメーター)
P2210012-crop

スマートメーターの説明書き?のような用紙を置いていきました。これを読んでいると「ああ、となりのトトロにも出てくる手動交換機を操作するという意味での電話交換手という職業はコンピューターに置きかわり、職業自体がなくなってしまった。スマートメーターも検針員という仕事を今後何年間かで奪ってしまうんだなあ」と感慨に耽る。

smart01
smart02

スマートメーター導入は、今後の社会に大きく寄与する仕組みなのだけれど、一つの職業の終焉をコンピューター(機械)によってもたらされると言うことを目の当たりしたのは、思いの外、ショックを受ける出来事であった。来年にはガスの自由化もあるしねえ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。