Windows 10 (1703) と Boot Camp (6.0.6136) でクリーンインストール #Windows10 #BootCamp #CreatorsUpdate

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

各バージョン概略

Windows 10 (1703) とは

Windows 10 ISOイメージのダウンロードサイトでダウンロードするとファイル名が「Win10_1703_数字_言語_プロセッサ.iso」で表記されます。開発コード名は「Redstone 2」であり、通称として「Creators Update」と呼ばれています。2017年04月に正式リリースされ 「Windows 10 Version 1703」となります。

ファイル名 通称 開発コード名 リリース年月
1703 Creators Update Redstone 2 2017年04月
1607 Anniversary Update Redstone 1 2016年8月
1511 November Update Threshold 2 2015年11月
1507 Threshold 1 2015年07月

以下の記事によると、次回の大型アップデートは2017年後半に実施される。

Boot Camp (6.0.6136) とは

Boot Camp(Windows側のドライバー集)のビルドが「6136」になっています。詳細な日付は不明ですが、ファイル日付などから「2016年4月1日」頃にリリースされたと推測されます。「Windows 10」とBoot Campの組み合わせと言えば、「Windows 10 Version 1511」にて、例のRealtekドライバのインストールが進まなくなる件が有名ですが、この不具合は解消されております。当方の環境(MacBook Air 11-inch Mid 2012)では発生しなくなりました。

macOS Sierra 10.12.5

BootcampにてCreators Updateをクリーンインストールできない不具合については、macOS Sierra 10.12.5にて解消されました。当方でもクリーンインストールを早速試しましたが、問題なく稼働しています。

クリーンインストール手順

クラウド時代となり、OSの再インストールは格段に楽になりました。主要なデータはネット上にあり、手元のPCはネット上の情報を呼び出すだけの存在となりつつあるのですから。

Windows 10 + Boot Camp のクリーンインストール手順については、こちらでまとめています。

macOSについてはこちらを参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。